ワールド、老舗靴ブランドの神戸レザークロス買収

2019/5/10 18:03
保存
共有
印刷
その他

アパレル大手のワールドは10日、婦人靴製造の神戸レザークロス(神戸市)を買収すると発表した。同社の全株式を取得し完全子会社化する。買収額は約6億円。神戸レザークロスは靴の企画から販売まで手掛けるビジネスモデルが特徴。ワールドは自社の運営ノウハウを組み合わせることで相乗効果を見込む。

ワールドが買収する神戸レザークロスは女性向けの靴などを販売する

6月3日に全株式を取得する。経営陣の体制は今後協議するという。

神戸レザークロスは1948年創業。女性向けの靴「ESPERANZA(エスペランサ)」などのブランドを全国に58店舗を展開。エスペランサは高いヒールのブーツなどが強く2000年代に人気となった。靴のオーダーメードも手掛ける。18年2月期の連結売上高は82億円、最終損益は5億6千万円の赤字だった。

ワールドは在庫管理などをデジタル管理するシステムを抱える。神戸レザークロスに同システムを提供することで経営効率化につなげる。将来はネット通販などで同社製品を販売することも視野に入れる。

ワールドは2005年、長期的な経営に切り替えるためMBO(経営陣が参加する買収)を実施。18年9月に13年ぶりに再上場し、調達資金をM&A(合併・買収)などに投じている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]