/

「和食さと」運営と資本業務提携、H2Oリテイ ポイント網拡大

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は10日、「和食さと」など外食店を運営するSRSホールディングスと資本業務提携すると発表した。SRSの発行済み株式の約3%を取得する。H2Oと阪急阪神ホールディングスのポイントサービス「Sポイント」をSRSが展開する店舗で使えるようにして、顧客の囲い込みを目指す。

SRSは関西で定食屋など約400店を展開する。Sポイントが使えるようにするほか、H2O傘下のうどん・そばチェーン「家族亭」などとSRSの店舗間で共同で食材を仕入れたり、配送したりする仕組みも作る。

H2Oは出資額や時期について明らかにしていないが、10日時点のSRSの株価から、出資額は10億円程度とみられる。

H2Oは「関西ドミナント化戦略」を打ち出し、百貨店に加え、スーパーや外食などの事業を広げてきた。相互送客や顧客の囲い込みにつながるSポイントの拡大に力を入れ、18年には関西2府4県のセブンイレブンや、兵庫県の関西スーパーマーケットの店舗で使えるようなった。

Sポイントの会員数は750万人超で、利用可能店舗は約5000店にのぼる。流通系のポイントサービスではイオンの「WAONポイント」やセブン&アイ・ホールディングスの「nanacoポイント」の規模には及ばないが、関西圏で存在感が高まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン