リハビリ支援ロボが活躍 体の機能、早期回復に貢献

2019/5/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脳卒中で手や足がまひした患者にとって、発症前の動きにどこまで回復できるかは生活の質に大きく関わる。機能を回復するためには、できるだけ早く十分なリハビリテーションを始めることが重要だ。近年はリハビリを支援するロボットが次々に登場して効率的なリハビリに貢献。足だけでなく腕や手などの機能回復を助けるロボットが開発され、導入する医療機関が目立ってきた。

総合東京病院(東京・中野)は最新のリハビリロボット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]