2019年6月19日(水)

進まぬ福島の住民帰還 避難長期化、生活再建に壁
(クリック)

大震災8年
地域総合
2019/5/12 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島県大熊町で4月、東京電力福島第1原子力発電所事故の避難指示が、原発立地自治体で初めて解除された。事故から8年を経て復興は新たな段階に入ったが、避難が解かれた地域に戻った住民は一部に限られ、「高齢・低インフラ」の限界集落となっているところも目立つ。古里の本格復興へ、突きつけられている課題は大きい。

大熊町では4月10日、帰還困難区域を除く地域で避難指示が解除され、5月7日には町役場新庁舎での業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報