2019年6月18日(火)

6/18 22:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,972.71 -151.29
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,910 -160

[PR]

業績ニュース

商品に合った段ボール箱、レンゴー 新型梱包装置

環境エネ・素材
関西
2019/5/10 15:40
保存
共有
印刷
その他

レンゴーは2020年3月期中、電子商取引(EC)向けに商品の大きさに合わせた段ボールを梱包する新しい装置をEC事業者やメーカーに発売する。これまで小さい商品でも大きな箱で届くことがあった。適切な大きさで梱包することで、配送側は余分な段ボールや梱包材を減らせる。宅配業者も1つ当たりの運び荷が小さくなり、多くの積み荷が運べる。

包装装置「パルミラ」は段ボール箱の成形から梱包、送付状の貼り付けまで自動で対応する。センサーで商品の大きさを測定し、1時間で約1000箱まで梱包できる。

ECの普及で段ボール需要が高まっている。2019年3月期の売上高は前の期比8%増の6531億円、純利益は3%増の171億円だった。米中貿易摩擦の影響で段ボールの原料となる古紙の価格が高騰したが、値上げで対応した。

20年3月期の売上高は7%増の7000億円、純利益は46%増の250億円を見込む。足元で古紙価格は下がったが、馬場泰博専務執行役員は「中国の状況次第で価格は大きく変動し、予断を許さない」とみる。無駄な段ボールを減らす新型梱包装置の導入で取引先を囲い込みたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム