/

アマゾン創業者、有人月面着陸機を初披露

2024年打ち上げめざす

【ニューヨーク=関根沙羅】米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏は9日、有人月面着陸機「ブルームーン」を初めて公開した。2024年の打ち上げを目指す。米メディアが9日に報じた。ベゾス氏は00年に宇宙開発ベンチャー企業のブルーオリジンを設立し、独自ロケットの開発に取り組んできた。

米メディアによると、ベゾス氏は9日のイベントで「ブルームーン」の模型を発表。「月に戻る時がきた。今回は滞在する」と述べた。

米国ではアポロ計画以来、半世紀ぶりの月面着陸を目指す取り組みが進んでいる。ペンス米副大統領は3月に米国の宇宙飛行士を5年以内に月面に着陸させる目標を発表。米航空宇宙局(NASA)に開発を命じているが、民間の活用を検討する可能性も示唆している。

ベゾス氏は9日のイベントでペンス副大統領の月面着陸計画を支持。ブルーオリジンは目標計画の期限である24年までに月面着陸を実現することは可能との見解を示した。同社は、宇宙船カプセルによる宇宙旅行も計画しており、19年にも宇宙旅行のチケットを販売するとしてい

月面着陸機「ブルームーン」を披露したジェフ・ベゾス氏(9日、ワシントン州)=ロイター

る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン