制裁関税、発動期限に 米中応酬まとめ読み

2019/5/10 9:06 (2019/5/10 13:05更新)
保存
共有
印刷
その他

米中両政府は米東部時間9日夕(日本時間10日朝)、ワシントンで閣僚級協議を始め、両国の貿易協議はヤマ場を迎えた。米国は米東部時間10日午前0時01分(日本時間同日午後1時1分)、2000億ドル(約22兆円)分の中国製品への制裁関税を現在の10%から25%に引き上げる構えで、中国も対抗措置を表明ずみだ。貿易戦争が激化するのかどうか。世界経済の行方を大きく左右する。

■首脳電話協議の可能性も?
トランプ氏、習氏から「美しい手紙」
■関税上げ、効力は数週間後?
米中、不調なら関税合戦 瀬戸際の閣僚級協議
■トランプ氏なぜ強硬姿勢?
トランプ氏「中国が約束破った」
■焦点は中国の「産業補助金」
米、中国「産業補助金」に圧力
■日本企業への影響は?
貿易摩擦再燃、日本企業の生産シフト加速も

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]