/

この記事は会員限定です

揺れる東芝 車谷体制、再建へ試練の2年目

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

東芝が揺れている。半導体メモリー事業を売却し、新中期経営計画を策定。経営危機を脱したかに見えたが、米液化天然ガス(LNG)事業の売却契約が白紙になった。「物言う株主」も社外取締役の選任に口を出している。車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は、試練の就任2年目をどう乗り越え、どこに進路を定めるのか。

「こんなところで中国企業のリスクに直面するとは」。東芝のある幹部がうめく。4月10日夜、米LNG事業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2280文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン