2019年8月19日(月)

百舌鳥・古市古墳群 古墳文化を代表、頂点の遺跡群

2019/5/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

百舌鳥(もず)・古市古墳群は、古代日本の古墳文化を代表する遺跡だ。

堺市にある百舌鳥古墳群には44基の古墳が現存する。羽曳野市と藤井寺市にまたがる古市古墳群には45基が残る。このうち4世紀後半~5世紀後半に連続的に築かれた保存状態の良い49基が、世界文化遺産への登録を目指している。

日本史では3世紀後半から7世紀までを古墳時代と呼ぶ。規格化された墳形の大小さまざまな古墳が全国に築かれ、その数は約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。