/

この記事は会員限定です

「株価10倍」アジアに1600社 過去10年、世界の半数

テンセント33倍の48兆円に、消費・ITが上位

[有料会員限定]

【台北=伊原健作、上海=張勇祥】世界経済の減速感が強まるなか、アジア企業が株式市場での評価を着実に高めている。過去10年で時価総額を10倍以上に増やした成長企業「テンバガー」を調べたところ、アジア企業(日本を除く)は1679社と世界全体の半数を占めた。業種別では消費関連やIT(情報技術)、医療などが上位に入った。アジアの経済成長に伴う内需の拡大を取り込み、企業価値の増大につなげている。

1試合に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン