2019年5月22日(水)

入学者確保へ連携 福岡の15大学など 地元就職も促す

大学
九州・沖縄
2019/5/9 20:06
保存
共有
印刷
その他

福岡大学など福岡都市圏の15大学や福岡市が参加する組織「福岡未来創造プラットフォーム」は9日、地域に貢献する人材の育成や入学者確保に向けて連携すると発表した。地元企業とのマッチングも行い、2023年度までに卒業生の福岡市内の企業への就職者数を3%増やす。

受験生の確保に連携して取り組む。これまでの個々の大学ではアプローチしづらかった中国地方の高校などにPRをしていく。18歳人口の減少を見込み複数の大学で連携して社会人向けの学び直し教育のプログラムも作成。市内の様々な場所を活用して社会人向けに授業などを行う「リカレントカフェ」などの構想もある。

地域経済への貢献も目指す。企業の経営者や学生らが集まる3000人規模の交流会を行うほか、23年度までに10人の起業家を輩出することも目指す。

組織は昨年秋に発足し、今年度から新たに10大学が加わった。運営費は19年度は1000万円規模で、23年度までに2000万円程度に増やすという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報