2019年6月16日(日)

GW出入国、過去最高の22万人 福岡空港と博多港

九州・沖縄
2019/5/9 20:04
保存
共有
印刷
その他

福岡出入国在留管理局は9日、ゴールデンウイーク(GW)期間中に福岡空港と博多港を利用した出入国者数(速報値)が22万8700人と、GW期間中としては過去最高だったと発表した。10日間の長期休暇になったことに加え、格安航空会社(LCC)などで出国する人が多かった。

出入国者数は前年同期比で約1割増え、福岡空港を21万7200人、博多港を1万1400人が利用した。

福岡空港からの主な渡航先としては韓国や中国が多く、それぞれ6%増の5万5800人と12%増の9900人だった。LCCのタイ・ライオン航空が2月にバンコク―福岡線の定期便を就航したこともあって、タイへの出国者数は26%増の3900人となった。

一方で、福岡空港を利用した外国人の入国者数は4万8200人と24%減った。同局の担当者は「国内の宿泊先などの予約が取りづらく、訪日をためらう人が多かったのではないか」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報