2019年5月22日(水)

ビッグデータやAIの活用 都が初会合

南関東・静岡
2019/5/9 19:42
保存
共有
印刷
その他

東京都は9日、有識者や経済団体の代表による「『ソサエティ5.0』社会実装モデルのあり方検討会」を設置し、都庁で初会合を開いた。ビッグデータやAIなどの先端技術を使った都の経済発展や課題解決方法について議論した。

小池百合子知事は会合で「目下の課題は生産性の改善だ。先端技術を活用して、東京を世界的な都市にしたい」と述べた。具体策として「ビッグデータやそれを解析するAIを用いたエコシステムやキャッシュレス化で東京の稼ぐ力を強化したい」とした。

検討会の座長に選ばれた坂村健・東洋大学情報連携学部長は「技術発展により世界はますます複雑になる。とことん話し合い、協力していく姿勢が必要」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報