南ア総選挙、与党が過半数維持の勢い
ラマポーザ大統領、省庁再編など改革に追い風

2019/5/9 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヨハネスブルク=岐部秀光】8日投票の南アフリカ総選挙(下院、定数400)は即日開票され、与党のアフリカ民族会議(ANC)が過半数の議席を確保する勢いだ。議会はラマポーザ大統領(66)を再選する見通し。ラマポーザ氏は有権者の支持をテコに省庁再編や汚職一掃、電力事業の立て直しなどの経済改革を加速する方針だ。

今回の選挙は、アパルトヘイト(人種隔離政策)の制度撤廃後、1994年に初めて全人種が参加し…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]