2019年6月26日(水)

富山大、三井不と連携協定 アウトレット核に

住建・不動産
北陸
2019/5/9 19:15
保存
共有
印刷
その他

富山大学は9日、三井不動産と連携協定を結んだと発表した。同社が富山県小矢部市に持つ商業施設「三井アウトレットパーク北陸小矢部」を研究や教育に活用するほか、富山県全体の地域活性化のアイデア作りでも知恵を借りる。富山大が企業と同様の協定を結ぶのは4例目だが、サービス業と組むのは初めて。

研究はアウトレットパークの集客データなどを生かし、街づくりやマーケティングといった領域で進める。同施設での講義や研究発表も実施するほか、社会人向けの公開講座も開く。三井不動産のノウハウを活用し、小矢部市以外の地域をテーマにした活性化の研究ができないかも検討する。

富山大は医薬品や金属など製造業3社と協定を結んでいるが、いずれも技術面の研究を主眼としている。今回はサービス業の企業と連携し、文系の学部も巻き込んだ広範な効果を狙う。三井不動産は大阪大学とも商業施設「EXPOCITY」(大阪府吹田市)での研究や教育で協定を結んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報