[社説]空き家対策では予防も重視すべきだ

2019/5/9 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家が依然、増え続けている。5年に1度、総務省がまとめる住宅・土地統計調査によると、2018年10月時点で全国に846万戸あり、5年前に比べて26万戸増えた。実際に人が住まなくなってからでの対応は負担が重く、予防を強化する必要がある。

種類別にみると、最も多い賃貸用の住宅は431万戸でほぼ横ばいだった。

一方、住人が高齢者施設に入居したり、住み替えたりした住宅は5年前より29万戸増えて347万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]