/

幼保無償化法案、参院委で可決

参院内閣委員会は9日、幼児教育・保育を無償化する子ども・子育て支援法改正案を与党などの賛成多数で可決した。与党は10日の参院本会議で可決、成立させる構えだ。

幼児教育の無償化は安倍政権が掲げる「全世代型社会保障」の柱の1つだ。同法案は10月から3~5歳児は原則全世帯、0~2歳児は住民税非課税の世帯を対象に、認可保育所や認定こども園、幼稚園の利用料を無料にする。10月に予定する消費税率10%への引き上げによる税収増加分を財源に充てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン