2019年6月18日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,972.71 -151.29
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,910 -160

[PR]

業績ニュース

塩野義の前期、3期連続で最高益 ロイヤルティーが貢献

企業決算
関西
2019/5/9 20:30
保存
共有
印刷
その他

塩野義製薬が9日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前の期比22%増の1327億円と3期連続で最高益を更新した。抗エイズウイルス(HIV)薬に関するロイヤルティー収入が大幅に増えた。新しい抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」の売れ行きも好調で、世界販売を担うスイス製薬大手ロシュからの一時金収入も業績を底上げした。

売上高は6%増の3637億円だった。英ヴィーブ社に製造・販売権を提供した抗HIV薬のロイヤルティー収入が20%増の1244億円と大幅に伸びた。今冬に本格発売したゾフルーザの売上高も当初想定から倍増の263億円になった。営業利益は20%増の1385億円だった。

20年3月期の売上高は前期比微増の3655億円、純利益も1330億円と微増にとどまる見通し。前期にゾフルーザに関する一時金収入があった反動で伸びが鈍化する。年間配当は6円増の100円とする方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム