2019年6月16日(日)

6/16 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  2. 2位: AIで学習ペース配分 学習塾ドゥクエストがアプリ[有料会員限定]
  3. 3位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
  4. 4位: 消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下[有料会員限定]
  5. 5位: 社債、マイナス利回り 再び シングルAでも売買成立[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月14日 150.388 +0.122

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

小麦国際価格が下落、米国産輸出鈍化で在庫増

2019/5/9 17:26
保存
共有
印刷
その他

小麦の国際価格が下落している。指標となる米シカゴ先物(期近)は、日本時間9日夕時点で1ブッシェル4.3ドル前後。直近の高値だった4月上旬に比べて1割安い水準で推移している。米農務省が10日に発表を予定する月例需給報告の事前予想で米国産小麦在庫が引き上げられ、供給が増えるとの観測から売られた。

ロイター通信によるアナリストの事前予想で、2018~19穀物年度の米国産小麦の期末在庫は、4月時点より1千万ブッシェル多い10億9700万ブッシェルの見通し。「主要輸出国のロシアとウクライナ産の輸出が堅調なため、米国産の輸出が鈍化することを見込んだ」とフジトミの斎藤和彦チーフアナリストはみる。

19~20年度の米国産の生産量は前年度より2500万ブッシェル多い19億900万ブッシェルとなる見通し。米国南部で生産する冬小麦の作況の良さを映した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム