北朝鮮がまた飛翔体発射 2発、短距離ミサイルか

2019/5/9 16:56 (2019/5/9 19:56更新)
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午後4時すぎに飛翔(ひしょう)体を発射したと発表した。発射したのは2発で、短距離ミサイルと推定されるという。うちの1発は420キロメートル飛行し、日本海に落下した可能性がある。北朝鮮は4日にも日本海に向けて飛翔体を打ち上げたばかり。弾道ミサイルだった場合、同ミサイルの発射を禁じる国連安全保障理事会の決議に違反することになる。韓国軍などが詳細な分析を急いでいる。

北朝鮮は北西部・平安北道の亀城(クソン)一帯から東の方向に飛翔体を打ち上げた。亀城には北朝鮮の軍需施設があるとされる。韓国軍によると、午後4時29分に打ち上げられた1発目は約420キロメートル飛び、同49分の2発目は約270キロメートル飛行した。同軍は発射場所について、新五里(シンオリ)と当初発表したが、修正した。

韓国の軍事専門家の間では、北朝鮮が4日に発射した飛翔体について、短距離弾道ミサイルとの見方があるが、韓国政府はいまだ特定には至っていない。北朝鮮としては、短期間に示威行動を繰り返すことで、米朝対話を続ける構えをみせながら北朝鮮への経済制裁を続ける米国を揺さぶる一方、米国が対話を中断しない挑発のレベルがどこかを見極めようとしている可能性もある。

4日、火力打撃訓練を指導した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信

4日、火力打撃訓練を指導した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]