2019年6月25日(火)

有用物質、AIの手で 理研や物材機構

科学&新技術
2019/5/10 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新しい材料を人工知能(AI)でつくる「マテリアルズ・インフォマティクス」に注目が集まっている。科学者の勘や経験に頼っていては、膨大な化学物質のごく一部しか試せない。AIならばあらゆる化学構造を調べ、新たな材料が見つかるのではないか。こんな期待から、理化学研究所は物質・材料研究機構などと目的の特性を持つ有機化合物の設計に挑んでいる。2030年代に工業製品の素材を自在につくるのが目標だ。

50年10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報