秋田の新ブランド米、産地競争巻き返しへ22年度デビュー

2019/5/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

秋田県は2022年度に新ブランド米を本格デビューさせる。14年度から開発に取り組んだ新品種「秋系821」のブランド名を全国公募し、知名度を高める。他県で新ブランドが相次ぐ中、1984年誕生の看板ブランド「あきたこまち」があるため土俵に乗るのが出遅れた。産地間競争に打ち勝つブランド戦略で巻き返しを図る。

「価格、ネーミング、何よりも品質、味のバランスが取れて国内、海外でも評価される、名実ともトップ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]