2019年7月21日(日)

関西の昆布加工業、原料高騰に悲鳴 不二食品は昆布茶の値上げ検討

サービス・食品
関西
2019/5/9 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西の伝統産業である昆布加工業が原料高騰への対応に追われている。不二食品(大阪市)は関西で高いシェアを持つ昆布茶の実質値上げを検討中。配送頻度を半減するなどして原料高を吸収する動きもある。江戸時代の北前船にルーツを持つ関西の地場産業の苦境が浮き彫りになってきた。

不二食品は主力の「不二の昆布茶」(70グラム)、「不二の梅こぶ茶」(60グラム)の実質値上げを検討している。9月中にも1缶当たり10グ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。