/

この記事は会員限定です

「卒煙」企業が手助け オンライン診療も後押し

受動喫煙対策 TOKYO最前線

[有料会員限定]

「禁煙宣言書と薬を自宅に送ります。吸ってしまっても諦めず2カ月かけて禁煙しましょう」

新六本木クリニック(東京・港)の来田誠医師は夕方になると、パソコンの画面越しに仕事を終えたばかりの患者に話しかける。スマートフォン(スマホ)を使い遠隔で医師の診察を受ける「オンライン診療」だ。

患者は専用アプリで受診可能な病院を探し、予約する。クレジットカードで料金は自動決済され、薬も薬局に行かずに郵送してもらえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン