/

この記事は会員限定です

コメ 先物相場連動は得か損か 堂島商取が新たな試み

大阪経済部 山本修平

[有料会員限定]

コメ先物取引を上場する大阪堂島商品取引所が新たな振興策を練っている。コメ卸など会員企業に働きかけ、先物価格を小口販売の指標にしてもらう構想だ。JAグループなどと大手卸による安定した相対取引価格が強く影響してきたコメ小売り。需給で変動する先物価格に連動させる利点は少なそうに思えるが、もう少し長い目でみると必ずしもそうとはいえない。

堂島商取は2011年からコメ先物を試験上場している。検討中の施策は先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン