2019年6月20日(木)

三菱商事、千代田化工に1800億円支援 三菱UFJ銀と

環境エネ・素材
2019/5/9 14:36
保存
共有
印刷
その他

三菱商事は9日、米国事業の巨額損失で債務超過に陥る千代田化工建設に対して、三菱UFJ銀行と共同で1800億円の金融支援を行うと発表した。千代田化工が実施する第三者割当増資を三菱商事が引き受け、約700億円を投じて千代田化工の優先株を取得する。会長兼最高経営責任者(CEO)には三菱商事の前機械グループCEOの大河一司氏を送り、財務と人材の両面で経営を立て直す。

千代田化工が巨額の損失を計上した米キャメロンLNGプロジェクト(ルイジアナ州)

千代田化工が巨額の損失を計上した米キャメロンLNGプロジェクト(ルイジアナ州)

千代田化工は建設中の米国の液化天然ガス(LNG)プラントの工期遅延などで、2019年3月期の最終損益が2149億円の赤字(前の期は64億円の黒字)に転落する。債務超過になるため、三菱商事が第三者割当増資に加えて、900億円の融資も交わす。三菱UFJ銀行も融資を行う。千代田化工を子会社化はしない。

千代田化工は過去に2度、経営危機に陥った。1990年代末は韓国勢などとの安値競争で巨額の赤字を計上。2008年ごろには中東のプラント建設が資機材価格の高騰などで不採算となり経営が悪化した。その度に三菱商事が支援し、出資比率は3割超まで高まった。

三菱商事は3度目となる支援に向けてリスク管理にたけた人材を複数送り込み、千代田化工のプロジェクトの進捗状況を徹底的に分析する。千代田化工は三菱商事の支援でコスト削減などの構造改革を実施するが、繰り返される甘いリスク管理体制を一掃できるかが問われてくる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報