「目指すものが一致」 パナソニック幹部、トヨタとの住宅事業統合で

2019/5/9 13:37
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車パナソニックは9日に記者会見を開き、住宅事業を統合し、2020年1月に新会社「プライムライフテクノロジーズ」を設立すると発表した。トヨタの次世代電気自動車「イー・パレット」やパナソニックの家電など、両社が製造業で培った技術を持ち寄ることで、より快適で便利な街づくりをめざす。主なやりとりは以下の通り。

――新会社設立の狙いは。

白柳正義トヨタ自動車執行役員「狙いはまさに不動産開発とテクノロジーの融合だ。トヨタはモビリティ、パナソニックは暮らし空間のアップデートに強みを持つ。協力できる部分は幅広い。両社ともに、ものづくりの会社で住宅事業を持っている。同じ悩み、同じ事業戦略を持つ中で新会社設立に至った」

北野亮パナソニック専務執行役員「目指す部分が極めて一致していた。街づくりを中心に両社の新たなビジネスの実証の場にしていく。目指すべき街づくりは『スマートライフタウン』だ」

――どのような相乗効果を見込めますか。

北野専務「トヨタは新たな交通手段のあり方を提案するので、今まで付加価値の高くなかった土地でも快適性と利便性を両立できる。一方、パナソニックは(インターネットにつながる)IoT家電から住宅設備まで、人が暮らすあらゆる場面でハードを提供している。このことが街づくりを支える基本的な強みになる」

――今後の研究開発などではどのように協力しますか。

白柳執行役員「20年代前半には特定地域で(自動運転技術の)レベル4を取り入れた車の導入を進めている。さらに20年代半ばまでには(新会社などを通じて)移動・物流・物販など多目的に活用できるトヨタのイー・パレットを活用したMaaS事業を展開していきたい」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]