2019年9月19日(木)

英王子夫妻の第1子「アーチー」と命名 女王、目細めひ孫に歓喜

2019/5/9 12:49
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】エリザベス英女王(93)は8日、ロンドン郊外のウィンザー城で、孫のヘンリー王子(34)夫妻の第1子で、6日に生まれた男児と初めて対面した。英王室が対面時の写真を公開。8人目のひ孫に、女王や夫フィリップ殿下(97)は目を細め歓喜した様子。ヘンリー王子夫妻は、男児を「アーチー」と名付けたと発表した。

エリザベス英女王(中央)に、生まれた男児を見せるヘンリー王子(左から2番目)とメーガン妃(右)(8日、ロンドン郊外のウィンザー城)=Chris Allerton/SussexRoyal提供、AP

男児のフルネームは「アーチー・ハリソン・マウントバッテンウィンザー」。英メディアはこの名前によって、男児に現時点で「王子」の称号を与えず、極力普通の生活を送らせたいとの夫妻の意向がうかがえると伝えた。

BBC放送によると「アーチー」は、もとは「アーチボルド」の短縮形で、「誠実」「大胆」「勇敢」などの意味を持つ。英国で人気の名前の一つだが王室にゆかりが深い名前ではなく、メディアは、伝統にとらわれない2人らしい選択だとしている。2つ目の名の「ハリソン」には「ハリー(ヘンリー王子の愛称)の息子」との意味があるという。

女王との対面に先駆け、夫妻は男児を一部メディアに公開。産後初めて公の場に登場したメーガン妃(37)は子育てについて「夢だった。本当に素晴らしい」などと話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。