[FT]世界が低インフレに陥った理由

マーティン・ウルフ
FT
FT commentators
2019/5/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

現在と将来の世界経済を理解するためには、ここにどうやって至ったのかを知る必要がある。「ここ」とは、名目と実質金利が超低水準で、ポピュリズム(大衆迎合主義)が幅を利かせ、グローバル市場経済が敵視される今日の状況を指す。最も妥当な説明は、実質需要とグローバルな信用創造の拡大・縮小との相互作用が今日の事態を招いた、というものだろう。そして極めて重要なのは、このプロセスがまだ続いているということだ。

驚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

マーティン・ウルフ

FT commentators

チーフ・エコノミクス・コメンテーター

Martin Wolf 英国生まれ。経済政策の間違いが第2次世界大戦を招いたとの問題意識から経済に関心を持つ。世界銀行のエコノミストなどを経て87年にFT入社。一貫して経済問題を執筆。現在最も影響力のあるジャーナリストとされ、その論評、発言は各国の財務相や中央銀行総裁も注目するという。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]