蜷川さんのスタッフ愛 翻訳家 松岡和子

2019/5/14 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1999年6月20日の夜11時から翌午前1時ごろまで、NHK第1放送「ラジオ深夜便」の「サンデートーク」に蜷川幸雄さんと私はゲストとして招ばれた。テーマは「夏の夜のシェイクスピア」。アンカーと呼ばれる司会役の進行で、まず公開されたばかりの映画『恋におちたシェイクスピア』の感想から始まり、蜷川さんが演出してきたシェイクスピア劇が話題になった。初耳の話もたくさん出て、いま思い出しても口元が緩んでくる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]