2019年7月19日(金)

粉飾決算書を複数作成、審査通過目的か 融資詐取事件

2019/5/9 11:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インテリア販売会社のラポール(東京・港、破産手続き中)の融資金詐取事件で、逮捕された同社旧経営陣の男らが粉飾した会社の決算書を複数作成していたことが9日、捜査関係者などへの取材で分かった。警視庁組織犯罪対策4課は銀行の融資審査を通過するために決算書を使い分けていたとみて調べている。

同課が逮捕したのは投資会社代表の黒木正博容疑者(53)、ラポール元社長の鈴木忍容疑者(44)ら5人。同課によると、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。