/

米下院司法委、司法長官は「侮辱罪」 報告書全公開拒否で

【ワシントン=中村亮】米議会下院司法委員会は8日、バー司法長官がロシア疑惑報告書の全文提出を拒否したことが「議会侮辱罪」にあたるとする決議案を賛成多数で可決した。月内にも本会議で採決する。米メディアによると、決議案が本会議で可決されれば司法省や連邦検察に送付されるが、バー氏が起訴される可能性はほぼない。バー氏への不信感を明示することで圧力をかける。

バー米司法長官はロシア疑惑の捜査報告書の全面公開を拒んできた(4月、ワシントン)=ロイター

バー氏は4月中旬に継続中の捜査や個人のプライバシーなどに関わる部分を黒塗りにした上で報告書を公表していた。野党・民主党はトランプ大統領や側近の疑惑行為などが隠蔽された可能性があるとして全文公開を求めていた。

一方、ホワイトハウスは同日、トランプ大統領がロシア疑惑報告書の全文公開を阻止するために大統領権限を行使すると発表した。トランプ氏はロシア疑惑について「完全な無実が証明された」と主張しており、公開を阻んで早期の幕引きを狙っているとみられる。

ホワイトハウスは全文公開を求める下院司法委トップのジェロルド・ナドラー議員(民主)を名指しして「露骨な議会権限の乱用に直面し、大統領権限を行使せざるを得なくなった」と説明した。バー氏も機密情報などが明らかになる全文公開は好ましくないとして、トランプ氏に権限の行使を求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン