GM工場「売却して電動トラックを生産」トランプ氏明かす

2019/5/9 3:23 (2019/5/9 7:59更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】トランプ米大統領は8日、生産を休止したゼネラル・モーターズ(GM)のオハイオ州の工場について「GMが電気自動車メーカーに売却する」とツイッターに投稿した。トランプ氏はGMの工場の閉鎖に反対し、生産を続けるか他社に売却して存続させるべきだと要請していた。

GMのオハイオ州の工場は3月に生産を休止した=AP

トランプ氏はツイッターで「オハイオ州にとって素晴らしいニュースだ!」と強調。GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)から聞いた話として「GMは工場を(新興電気自動車メーカーの)ワークホースに売却し、電動トラックをつくる計画だ」と述べた。

GMは3月に同工場の生産を休止したが、その後の処分について明らかにしていなかった。トランプ氏のツイートを受けて同日、「工場の売却についてワークホースと協議中だ」と声明を出した。両社は最終合意しておらず、決定前にトランプ氏が協議内容を明かしたかたちになった。

GMは2018年11月にオハイオ州の工場を含む北米5工場の生産休止を発表した。トランプ氏は「GMには失望した。補助金を打ち切る!」と激しく反発し、バーラCEOに計画の撤回を求めていた。

8日の米株式市場でワークホースの株価は前日終値の3倍以上に急騰。同社のウェブサイトはアクセスが集中し、閲覧できなくなった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]