2019年6月16日(日)

サッカー

広島、1位通過 若手も起用に応える サッカーACL

2019/5/8 23:32
保存
共有
印刷
その他

16強入りは2014年以来。勝つときはこういうものかというほど、無風のままに広島の道は開けた。

【広島が決勝T進出 広州恒大に競り勝つ】

 広島―広州恒大 前半、先制喜ぶ広島イレブン=共同

広島―広州恒大 前半、先制喜ぶ広島イレブン=共同

いつもの丹念な守備を怠らなければ、相手が引っかかってボールをよこしてくれた。ブラジル人エースを欠く広州恒大は展開力もなく、がさつなだけだ。「最後は個の力でロングボールやキック力でくる。そこへどうふたをするか、想定内の対応ができた」と城福監督。佐々木の得点はCKを右足で合わせたのが相手に当たってゴールになる幸運なものだったが、この日はそれで安全リードといえた。

経験浅い若手を大胆にまぶしながら、リーグと両立して勝ち抜いた。1次リーグ初戦、メンバーを変えて敗れたことで浴びた口さがない声とも戦いながら。「そこが強くフォーカスされたからこそ、絶対に突破するとずっと思っていた。しびれる試合で、勝負にこだわることを経験するのがいかに大事なことか」。結果で見返してやる、といった城福監督の不屈のおとこ気のたまものか。

「ブロックを敷いたら中へは入れさせない。そのための、前線を含めたチーム全員での守備の強度が高まってきた。自分も最初は疑心暗鬼だったけれど、今は受け身にならず強みを出せている」。5戦中4戦でフル出場したこのDF荒木は、アジアの戦場を養分に大きく伸びた一人だろう。(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

コロンビアに敗れ、うなだれるアルゼンチンのメッシ(15日、サルバドル)=ゲッティ共同

 【サンパウロ=共同】サッカーの南米選手権第2日は15日、サルバドルなどで1次リーグ第1戦の2試合が行われ、B組はコロンビアがアルゼンチンに2―0で快勝した。アルゼンチンのメッシはフル出場したが、不発 …続き (11:40)

ニュージーランド戦の後半にチーム2点目のゴールを決めて喜ぶカナダのプリンス=手前左(15日、グルノーブル)=ロイター

 【ニース(フランス)=共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第9日は15日、各地で1次リーグE組の第2戦が行われ、オランダはカメルーンに3―1で、カナダはニュージーランドに2―0で、 …続き (8:38)

日本―ブラジル PK戦でセーブされ、膝に手をつく5人目のキッカー旗手(手前)と喜ぶブラジルの選手ら(15日、サロンドプロバンス)=共同

 【サロンドプロバンス(フランス)=共同】サッカーのトゥーロン国際大会は15日、フランスのサロンドプロバンスで決勝が行われ、東京五輪世代のU―22(22歳以下)代表で臨んでいる日本はブラジルに前後半を …続き (1:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]