/

高須院長別宅に空き巣、金7キロ盗まれる 愛知・日進

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(74)の愛知県日進市の別宅に空き巣が入り、金の延べ板計7キロ(約3400万円相当)などを盗まれていたことが8日、県警愛知署への取材で分かった。

愛知署によると、5月4日午前2時ごろ、何者かが玄関のカギをバールで壊して侵入し、1枚1キロの金の延べ板7枚やノートパソコンなどを盗んだとみられる。駐車場の防犯カメラには2、3人の不審者が午前2時30分ごろに別宅から出る姿が映っていた。当時、室内に人はいなかった。

警備会社から110番通報があり、事件が発覚した。愛知署は窃盗事件として防犯カメラ映像の解析などを進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン