/

この記事は会員限定です

大塚家具 父娘和解の行方を見守る人物

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

和解に向けた前進なのか――。

経営方針を巡り不仲となった大塚家具の創業者、大塚勝久氏(現・匠大塚会長)と長女の大塚久美子氏(大塚家具社長、51)が約4年ぶりに面会して言葉を交わした。平成の終わりを告げようとする4月26日(金曜日)の出来事だ。勝久氏率いる匠大塚が東京都渋谷区に新店舗を開設、その祝いの場に久美子氏が訪れ、赤いバラの花束を勝久氏に手渡した。勝久氏は「来てもらうだけでうれしい。元気な姿を見て安心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン