イランの核武装許さず イスラエル首相が警告

2019/5/8 21:43
保存
共有
印刷
その他

【エルサレム=共同】イスラエルのネタニヤフ首相は8日、イランが核合意の履行を一部停止する方針を表明したことについて「イランが核兵器を手に入れることは許さない」と警告した。「われわれの命を奪おうとする(イランとの)戦いを続ける」とも訴えた。エルサレムで開かれた戦没者追悼式典の演説で語った。

イスラエルは安全保障上の最大の脅威と位置づけるイランの核武装を警戒。オバマ前米政権が主導したイラン核合意に反対し、トランプ米政権が昨年5月に核合意からの離脱を発表した際は「完全な支持」を表明した。

イスラエルは、イランが内戦下のシリアで影響力を拡大することを懸念し、シリア領内でイラン関連施設への攻撃を繰り返している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]