顧客工場内に無人店 工具通販のモノタロウ、物流費増に対応

2019/5/9 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業向け工具通販大手のMonotaRO(モノタロウ)は顧客の工場の敷地内に工具や部品を扱う無人店舗を展開する。工場の一角の100平方メートル程度に設ける。物流コストの高騰で通販による販売のコストがかさんでいる。電子商取引(EC)が曲がり角を迎える中、無人店舗の展開で物流コスト増に対応する。

モノタロウの強みはネジやドライバー、電気計測器など約1800万点に上る品ぞろえだ。卸営業マンとの相対交渉で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]