東京・豊島区、庁舎でマンガ・アニメ展 文化都市醸成

2019/5/8 21:00
保存
共有
印刷
その他

東京都豊島区は9日から、区役所本庁舎で「マンガ・アニメ区役所」と題したマンガ・アニメの展示を始める。第1弾は「ちはやふる」「宇宙兄弟」など芸術や科学を扱った人気マンガを特集する。池袋駅に近いことから、若年層や外国人らの来場を見込む。マンガ・アニメの発信を通じ、区の文化都市としてのイメージ醸成につなげる。

人気マンガ「ちはやふる」などの複製原画を展示する

11月24日までの約半年間、マンガ・アニメに関する企画展を連続して開く。第1弾の「これも学習マンガだ!」展は、芸術、科学のほか、生命、職業、戦争など11分野のマンガを選び、複製原画など25点を展示する。同時に日中韓のアニメ作家の作品も上映する。いずれも入場無料とする。

豊島区は文化庁から2019年の「東アジア文化都市」の開催地に選ばれ、マンガ・アニメを柱の一つにして文化事業を進めている。今回の展示では、総合ディレクターに日本アニメーション協会の古川タク会長を招いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]