イラン、核合意履行を一部停止 英独仏に協議求める

2019/5/8 18:54
保存
共有
印刷
その他

イランのロウハニ大統領=ロイター

イランのロウハニ大統領=ロイター

【ヨハネスブルク=岐部秀光】イランのロウハニ大統領は8日、同国の核開発を巡る英独仏などとの合意に基づく義務の履行を一部停止すると発表した。核兵器の原料にもなる濃縮ウランを制限量を超えて貯蔵する方針だ。核合意から離脱しイランへの経済制裁を強める米国に対抗する。60日以内に欧州などとの協議が進展しなければ核関連活動を拡大すると警告した。イランの核開発を抑えてきた合意は崩壊の瀬戸際に追い込まれた。

ロウハニ師は国営テレビの演説で、今回の対応は「合意を壊すのではなく救うためのものだ」と説明した。現在、貯蔵量を300キログラムに制限されている濃縮ウランについて、余剰分を国外に販売せず国内で貯蔵すると述べた。英独仏などに対し、イランが原油を輸出し金融決済の手段を確保できるようにするための協議を求めた。期限内で合意できなければ3.67%と決められたウラン濃縮の濃度の上限を無制限に引き上げると警告した。

2015年にイランと米英独仏ロ中の6カ国との間で成立した核合意では国連安保理決議に基づく制裁や米欧の独自制裁を解除する代わりに、イランが様々な核関連活動の制約を受け入れた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]