[社説]イラン核合意の崩壊回避せよ

2019/5/8 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イラン政府は米欧など6カ国と交わした核合意について一部義務の履行停止を決めた。米国のトランプ政権が合意からの離脱を一方的に表明して制裁を再開したことへの、対抗措置だとしている。

憂慮すべき事態である。核拡散に歯止めをかけるはずの歴史的な合意が崩壊に向かいつつある。米国とイランの際限ない挑発の応酬は、中東を再び戦火に陥れることになりかねない。

2015年に成立した核合意は、イランの核開発を制限する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]