2019年7月20日(土)

スモールマスとは 量産型マス市場の対極

2019/5/9 12:52
保存
共有
印刷
その他

▼スモールマス マス(大多数)ではないものの、一定の規模の市場が見込める消費者の層や集団。SNS(交流サイト)の普及やビッグデータ解析の技術進展で、消費者の年齢層や性別、所得水準などによって多岐にわたる好みや嗜好に合わせた商品開発が可能になっている。

花王が2015年ごろから「スモールマス市場」と呼びマーケティングなどに生かし始めた。共鳴するファンを持つ一定規模の市場は無数にあり、不特定多数に向けた量産型のマス市場の対極にある。

【関連記事】
消費にスモールマス旋風 デジタルで「個客」争奪
社員7人が花王脅かす 新興ブランド、化粧品でヒット
遺伝子レベルで「あなただけ商品」 花王や資生堂、AIも活用
オルビス、ブランド戦略見直し 自然派商品を強化

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。