2019年8月24日(土)

円高進行、企業収益に下振れリスク

2019/5/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易摩擦の再燃で8日の東京市場で円が買われ、一時1ドル=109円台を付けた。午後5時時点では110円13~14銭。この日までに2020年3月期の業績見通しを発表した企業の想定為替レートは1ドル=110円前後が中心だけに、円高基調が続けば業績に悪影響が出かねない。

円高の影響が大きいのは海外売上高比率が高い自動車だ。トヨタ自動車は為替が対ドルで1円円高に振れると営業利益を400億円押し下げる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。