競馬実況アナ日記

フォローする

平成から令和へ 新時代の競馬は思わぬスタート

2019/5/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

男もすなる日記というものをアナウンサーもしてみむとてするなり。4カ月で終わった平成31年。ここまでを振り返って思いついたことを書いてみたいと思います。

1月に実況デビューした小屋敷アナウンサー

1月に実況デビューした小屋敷アナウンサー

1月12日(土)京都競馬場にて

京都競馬場の放送席で中山の第1レースを見た。実況をしたのは入社2年目の小屋敷彰吾アナウンサー。彼の実況デビューだった。小屋敷アナは続く第2レースまで実況したのだが、すぐにネット上で話題となり、「小屋敷アナ」というキーワードがトレンド入りしたのには驚いた。初めて実況することがこんなにも注目されるとは!

私が32年前に実況デビューしたときは社内でも話題にならず、先輩アナウンサーから「馬が60キロで走っている感じがしない」と言われただけだった。私とは違い、落ち着いて実況していた小屋敷アナは前途洋々だ。

2月18日(月)会社のオフィスにて

昨日行われたフェブラリーステークスで、注目された藤田菜七子騎手が騎乗したコパノキッキングは5着だった。取材にあたったアナウンサーに聞けば、レース後の検量室前はダービーのとき以上の人だかりとなり、大騒ぎだったという。

東京スプリントで2着となり、取材に応じる藤田菜七子騎手(大井競馬場)=共同

東京スプリントで2着となり、取材に応じる藤田菜七子騎手(大井競馬場)=共同

勝利騎手の武豊騎手の共同会見に先立ち、藤田騎手の共同インタビューが普段使われない会議室で行われ、12台のテレビカメラと普段は見かけないスチルカメラがズラリと並んだそうだ。しかし、藤田騎手個人に関する質問ばかりでレースに対するコメントが聞かれないうちに5分ほどで終わり、不満を口にするスポーツ紙の記者もいたということだった。

レース当日は朝のニュースでも藤田騎手がG1レース初出場ということを伝え、翌朝のテレビのワイドショーでも取り上げていた。しかし、その伝え方には違和感を覚えた。藤田騎手は芸能人ではない。タレントがレースに騎乗したのではなく、一人の若手騎手が乗ったのだ。今後も藤田騎手には「女性騎手として初」ということがついてまわり、注目を集めることだろう。現在、日本中央競馬会(JRA)競馬学校には、女性の騎手候補生が3人。彼女らが皆デビューすれば、藤田騎手が女性騎手だから特別視されるという状況は変わるだろうか。

4月5日(金)福島市のホテルにて

明日から春の福島開催である。競馬場で中継機材のセッティングとテストを終えてホテルにチェックインしてテレビを見ていた。天気予報を見ていたら「今日の県内各地の放射線量です」と言って放射線量の数値が画面に出た。

ビックリした。3月11日から1カ月近くたつと東京都内では「放射線量」という言葉はあまり耳にしなくなった。しかし、福島では毎日放射線量が発表されるのだ。

来年には福島の球場で東京オリンピックの「野球・ソフトボール」が行われる。福島駅前にはその開催を知らせる立て看板があった。これから盛り上がっていくのだろう。競馬も変わりなく行われるようになっている。

あれから8年が過ぎたが、今もって福島では放射線量が天気予報とともに伝えられていること、あの年は福島で競馬が行われなかったことを忘れてはいけないと思った。無事に競馬を楽しむことができる日々をありがたいと思わなければいけない。

5月5日(日)新潟競馬場にて

令和となって迎えた最初の開催は平成では見られなかった出来事が起きた。なんと東京競馬場にひょうが降り、第10レース以降が中止となってしまった。雪や台風で中止になったことはあったが、ひょうで中止になるのは初めてだろう。

1番人気の馬の降着で波乱となったNHKマイルカップ=共同

1番人気の馬の降着で波乱となったNHKマイルカップ=共同

今朝は日本の馬が参戦して初めて馬券が発売された米国のケンタッキーダービーが行われ、1位入選の馬が降着となって3連単が1600万円を超える歴史的大万馬券となった。そして先ほど終わったNHKマイルカップも1番人気の馬が降着となって波乱に。令和の時代の競馬は思ってもみなかったスタートを切った。

しかし、令和となっても自分の運のなさは変わらなかった。NHKマイルカップで中心にして狙ったダノンチェイサーは不利を受けて4着……。神様は令和となってもほほ笑んではくれない。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 小林雅巳)

 各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

競馬実況アナ日記をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
福島で本格運用が始まった馬用シャワー

 7月も終わり全国的に梅雨明けの季節を迎えた。新型コロナウイルス対策に頭を悩ませている間に、夏競馬の舞台も福島から早くも新潟へ。夏の暑さもこれから一段と厳しさを増していく。
 暑さは競走馬の大敵だ。確実 …続き (8/1)

動物にとっても歯は大切。 飼育員に歯を磨いてもらうハナゴンドウ=共同共同

「歯の違和感」はサラブレッドの大敵? 「馬の歯医者さん」に聞いてみたら……。
「無観客」という異例の事態の中で、中央競馬は上半期の開催を終え、夏競馬のシーズンに入りました。筆者は今年上半期に、2月のフェ …続き (7/18)

5月31日の日本ダービー当日も東京競馬場西側連絡通路は無人だった

 男もすなる日記というものをアナウンサーもしてみむとてするなり。2020年も半分が過ぎました。今年の上半期を振り返って書いてみたいと思います。
 ◇1月30日(木) 会社にて◇
 前日29日に川崎競馬場で …続き (7/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]