2019年6月27日(木)

サービス経済化と地域格差(6) 「選択の幅」と都心の魅力
加藤幸治 国士舘大教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/5/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サービス供給点との近接を求める層の、都市や都心部への流入はますます加速しやすくなります。

あるサービスが成り立つためには「地理的限界」の範囲内に、成立のための閾値(いきち、成立閾値)を超える需要が存在していることが必要です。多くの人が頻繁に利用するサービスはさておき、「マニア」「オタク」と呼ばれるような限られた人しか利用しないサービスや、多くの人が利用するものの利用頻度が低いサービス(医療での分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報