2019年7月18日(木)

衆院憲法審、9日に民放連から意見聴取 CM規制巡り

憲法改正
政治
2019/5/8 17:00
保存
共有
印刷
その他

衆院憲法審査会は9日、憲法改正の是非を問う国民投票の際に政党のテレビCM規制のあり方をめぐり、日本民間放送連盟(民放連)幹部を参考人招致して意見を聞く。今国会で憲法審が実質的な議論をするのは初めて。民放連は昨年12月、憲法審幹事懇談会の非公開聴取でCM量の自主規制に否定的な見解を示している。

現在の国民投票法では投票日の15日前まで広告・宣伝活動にどれだけお金をかけても原則規制を受けず報告義務もない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。