/

この記事は会員限定です

牧水・短歌甲子園 笹公人

[有料会員限定]

歌人若山牧水の故郷宮崎県日向市を舞台に熱戦を繰り広げる「牧水・短歌甲子園」の季節が近づいてきた。この大会は、各チーム3人の高校生が自作の短歌とディベートで勝敗を競う。審査委員長は歌人の伊藤一彦さん。審査員は俵万智さん、大口玲子さん、私の3人で、柔道の試合よろしく、紅白の旗を審査員が挙げて勝敗を決する。

今年で9回目を迎えるこの大会、今までも高校生ならではの視点と誰しも胸を衝(つ)かれる普遍性のある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン