JR高島屋とカゴメ、トマトでコラボ 青汁が出る蛇口も

2019/5/8 19:00
保存
共有
印刷
その他

JR名古屋高島屋は8日、カゴメとの共同企画「トマトプラス」を始めた。総菜やデザート売り場で、トマトを使った冷製スープや大福など約80種類のオリジナルメニューを売り出す。消費者の健康ニーズをビジネスチャンスにつなげる。

カゴメのトマトジュースや青汁が出る蛇口も設置し、無料の試飲も一部で行う。21日まで。

8日午前に開いたイベントにはカゴメの寺田直行社長とジェイアール東海高島屋の山田正男社長がそろって出席した。同企画は2016年に東海エリアの野菜不足を解消するために始めた。寺田氏は「普段の生活に野菜を楽しく取り入れてほしい」と呼びかけた。

4年目となる今年は最終回で「集大成」と位置づけている。過去最大規模の品ぞろえとした。山田氏は「特にスイーツを味わってほしい」と強調した。洋菓子・和菓子の有名店26ブランドと協力し、トマトのムースケーキや寒天菓子など33種類のデザートが楽しめる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]