/

この記事は会員限定です

「食と工芸、体験こそ価値」 パティシエ・辻口博啓氏

(令和彩る 石川県出身)

[有料会員限定]

世界で活躍するパティシエの辻口博啓氏は、スイーツの枠を超えて食の発信に取り組む。特に出身地の石川県では「美食の町」を提唱し、地域資源の活用や人材育成に関わる。令和の時代を迎えた北陸の課題は新幹線効果の持続と発展。食と観光で地域を盛り上げる道筋を聞いた。

――県産食材などの地域資源を多方面から発信する「石川美食会」を主宰していますね。

「各方面の一流シェフや農業生産者、工芸界を結びつけ、石川の資源を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン