/

この記事は会員限定です

ANA、初就航の超大型機 客室乗務員が連携プレー

ANAのデジタル変革(上)

[有料会員限定]
日経コンピュータ
全日本空輸(ANA)が5月24日に就航する成田─ホノルル路線から初導入する欧州エアバスの超大型機「A380」。広い客室内で様々なサービスを提供する客室乗務員をデジタル技術が支える。ANAグループは客室や空港など現場の各部門でデジタル変革を一斉に進めている。水面下で広がる人手不足に先んじることができるか。

2019年3月21日、小雨の成田空港。520席を有する超大型機A380が難なく着陸した。

ANAホールディングス(HD)が前日に欧州エア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン